« July 2006 | Main | September 2009 »

おーくしょん

オークションは魔物である。
送料を頭においていないと、痛い目に(^^;

たとえ1円で落としても送料が600円、700円とかかると、100円ショップで買えば良かったと悔やんだり。

入札者リストを見ると、普通にお店で買った方が安いんでないの?と思う価格で入札されている方も。
品薄で手に入りづらい物ならそれでもいいけど。。。

うちの家族にいわせると、私自身もオークションにはまっているらしい(笑)


| | Comments (95) | TrackBack (0)

民主党マニフェストで気になったこと

「掲げたマニフェストが実現できない場合、辞める覚悟」というけれども、党首を辞めても副党首に残れる政党だから、その程度の覚悟なんでしょうね。

ーー

あぁ、あくまでわたしの主観であり、独り言に近い走り書きです。
共感してくださる方がいれば幸いです。

今後のニュース番組などの発言で理解できたものは、修正するかもしれません。

ーー
・社会保険庁は国税庁と統合して「歳入庁」とする。

体質が違うものは統合しない方がよいと思うが。。。
保険料も税金と一緒と考えるってことですね。

・中学卒業まで1人当たり年31万2000円の「子ども手当」を支給する。

支給するんじゃなくて、教育現場に助成した方がよいのでは?
サイフにはいってしまえば、なにに使おうと自由ですから。

・「納めた保険料」「受け取る年金額」をいつでも確認できる「年金通帳」をすべての加入者に交付する。

良いことだと思いますが、財源は??
通帳をつくる費用、印字するためのデバイスの開発・生産・維持費用の財源は??

・後期高齢者医療制度は廃止し、国民皆保険を守る。

国民皆保険だと若い世代の負担がむごくなるから、変えたんですよね?
若い世代にツケをまわすってことですか?
どう守るかも掲示してくれないと、そう思っちゃいますよ。

・ガソリン税、軽油引取税、自動車重量税、自動車取得税の暫定税率を廃止し、2兆5千億円の減税を実施する。

これは良いとして、

・将来的にガソリン税、軽油引取税は「地球温暖化対策税(仮称)」として一本化する。

なんで将来的なんでしょうか?
選挙前だし、減税分をバラマキにしたいんですかね??

・高速道路は段階的に無料化し、物流コスト・物価を引き下げ、地域と経済を活性化する。

業務用の車だけでしょうか?
一般の人の車も含めると、鉄道・船舶関係の客を奪い、民業圧迫になると思う。
車を持っていない、運転しない人にとっては、増税になりかねない。
そしてなりより、走行距離台数が増えることによって、二酸化炭素の増大につながると思うんですが、上記の「暫定税率を廃止」でなくて「温暖化抑制税に置き換える」の方がよいと思う。

・温室効果ガス排出量は2020年までに1990年比25%減を目標とする。

11年後には政権についていないかもしれないのに、こんな長期目標は無責任でしょ。
上記の高速道路の無料化で排出量の増加が見込まれているのに。責任ある政党であるなら、せめて、その削減策も提示すべきだと思う。

・郵政株式売却凍結法を成立させ、郵政事業の4分社化を見直す。

国営事業化するってことは、民営化にかかった費用はドブに捨てるのでしょうか?
というか、前回の(郵政民営化)選挙の結果をなかったことにするってことですよね。
こういうのって、結局のところ民意より政局が大事(自民党のしたことはなかったことに))ってこと?

・中小企業の法人税率を18%から11%に引き下げ、融資に対する個人保証を見直す。

・不当な値引きや押しつけ販売などを禁止する「中小企業いじめ防止法」を制定する。

貸し渋り、貸しはがしもいれてほしいかと。

・中小企業を支援し、時給千円(全国平均)の最低賃金を目指す。

これは最低賃金が払えるように、助成してくれるんでしょうか?
払えない中小企業は違法になるんでしょうか??

・同じ職場で同じ仕事をしている人の待遇を均等にして、仕事と生活の調和を進める。

仕事量が同じでないと待遇に差がでるかと。。。

・20年までに温室効果ガスを25%削減(1990年比)するため、排出量取引市場を創設し、地球温暖化対策税の導入を検討する。

カネで問題を解決しようとしていませんか?
ガソリン価格急騰みたいな、投資ファンドなどが価格破壊しないような防止策はいれてくださいね。

・国民と自由闊達な憲法論議を各地で行い、多くの皆さんが改正を求め、国会内の広範かつ円満な合意形成ができる事項があるかどうか、慎重かつ積極的に検討する。

総理大臣も選挙で選ばなきゃ。応援している党であっても、総理大臣にしたくない人もいるし。
あと、小選挙区と比例代表の両方に出られないようにしないないと、民意が反映されていない気がする。小選挙区で落選しても比例で復活当選って、立候補者にとっては保険みたいなものかもしれないけど、選挙民をバカにしている選挙方法だと思う。


ーー
もともと自民党から分裂した、民主党、国民新党は派閥みたいなものに思える。
政治家としての成長期に自民党にいたのだから、考え方の根っこの部分は同じであろうから。

テレビのとある番組でとある(記憶に名前が残っていない。たぶん、あまりテレビで出演されない方なんだろう)民衆党の政治家が、司会者に「財源をしめして下さいよ」という強めの語気に圧されてか、「財源?国債ですよ」と、そしてCM。CM明けにはその言葉がなかったように番組が進行されていく。

これって、聞き間違いですよね。。。。

| | Comments (58) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2009 »