« September 2009 | Main

あるといっていた財源は赤字国債だったのか?

鳩山政権の来年度予算請求は、税収40兆未満に対し90兆超えだとか。

選挙中、「マニフェストにかかれたことを実現する財源はある」としていたのに。
初めから赤字国債を財源にするつもりだったのだろうか。

高速道路無料化とか子供手当とか高校授業料無料とかおいしい話だったが、実際はその費用は「あとで利子つけて返しなさい」ってことのように思えてくる。これなら自民党のマニフェストの方が現実味を帯びていたのではないかと思われる。

この先、ダム工事(公共工事全般にわたるのか?)中止による地方自治体への負担菌返却もあるだろうし。
追加予算はふくれあがるかもしれない。

税収は、任期中の4年間は消費税の増税しないといわれているので、なにの税金があがるのか?4年後に大増税がくるのか?不安でしかたない今日この頃です。

| | Comments (187) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main